正攻法で負けないパチンコ

にほんブログ村 パチンコブログへ

メルマガのご案内

目次

プロフィール

写真のりまる
はじめまして、のりまるです。 パチンコを取り巻く環境は年々厳しくなってきていますが、 大都市近郊某田舎でしぶとく生きのこっています。 負けないパチンコは簡単です。 負けないパチンコをしっかりとこなしていくと、 勝てるパチンコへと繋がっていきます。 ここから、何かしらヒントを掴んでもらえたら幸いです。 簡単なプロフィール動画です。

お問い合わせ

最近のコメント

コンテンツ

止め打ち動画集

アーカイブ

カテゴリー

最近の人気記事ランキング

メタ情報

【機種攻略】CR北斗の拳5覇者 ステージ性能・釘、止め打ち考察

ケンシロウが、、、
DCF00262.JPG
千雅夫になった\(゜ロ\)(/ロ゜)/
DCF00263.JPG

おいといて。

前回に続いて
北斗の拳5覇者の攻略ですm(__)m

【ステージ】
今回も上段ステージ
今まで同様なかなか強いものもありますねφ(..)
DCF00261.JPG

これが王道ルートで
お店によってはなかなか強い所もあるでしょうm(__)m
DCF00261.JPG

残念なのは下段ステージ。
DCF00261.JPG
今まではそこそこ決まっていた下段からは
ほとんどヘソに決まらなくなったのがマイナスポイント
ですね(-。-)y-゜゜゜

トータルするとステージ性能は「中くらい」なので
やはりある程度のヘソの大きさは必要になると思いますm(__)m

【止め打ち】

一応開放毎にも狙えますね、これφ(..)

でも開放ごとに狙うには
電チュウ周りの調整が肝になりますφ(..)

これ、電チュウ直ぐ右の釘が下に向いてますねφ(..)
DCF00234.JPGDCF00235.JPG
今日の台はここが厳しくて
電チュウへ向かいにくい調整になっていました(-。-)y-゜゜゜

ここさえ良ければ毎開放捻りを加えて
かなりの上乗せの期待できそうです。

最近のサミー電チュウの特徴で
・5発入賞で閉じる
ので、
この入賞した数を数えながら合わせていくのがコツですねφ(..)

6回目の開放が開いて一拍おいてから2発捻り
→以後電チュウが開く少し前から2発捻り

(電チュウが開いたときに2発目が飛んでいる感じ)

で、4回目は開くと同時位に2発捻り
(ここだけほんの少し長く止める)

これでいけますm(__)m

動画では伝わりにくいですが、
形だけでも伝わればと、、、

・北斗の拳5覇者、電サポ止め打ち参考動画

電チュウ周りが厳しい場合、
・電チュウの4回目と5回目の少しだけ長い間
・6回目が閉まってから1回目が開くまでのインターバル

ここだけ止める簡単な止め打ちでも効果は高いと思いますφ(..)

6回目が閉じてから打ち出し→3回目が開いたら少し止め→4回目が開く時から2発→一瞬止め→2発→初めに戻る

途中で5発入賞したら、
そこから直ぐに打ち出して→3回目が開いたら少し止め→以後繰り返し。

これでいけると思いますm(__)m

万が一
スルー近辺をマイナスにされるとかなり厳しいかもしれません(-。-)y-゜゜゜

北斗の拳5覇者は
【ゼロアタッカー】のお蔭で大当たり出玉で調整できないので
この電チュウ周りで削ってくることが多いと思いますm(__)m

最低限「簡単な止め打ち」をして
玉減りを防いでください\(^o^)/

・ゼロアタッカー!!!
http://youtu.be/h8xRBdF_KnU

メルマガ始めました(^^)v
正攻法で負けないパチンコの考え方
メルマガでしか言えないお得な情報があるとかないとか、、、。
「登録・解除」ともに簡単操作です。
よろしくお願いしますm(__)m

質問がありましたらお気軽にどうぞ(^^)v
のりまるにメール
norikaru0304@gmail.com

ランキング参加中!
応援よろしくお願いしますm(__)m

パチンコ ブログランキングへ

Similar Posts:


↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4件のコメントがあります。

  1. きらあ より:

    早速拝見致しました。
    本日、初打ちしたのですが、何がなんだかサッパリでした(>__<)
    なんとかインターバルでも習得したいものです。

    • のりまる のりまる より:

      きあらさん
      どうも(^^)v

      慣れないと少し難しいかもしれませんが、、、

      基本的に
      ・開く少し前に打つ
      これを覚えておくといいですねφ(..)

      これを繰り返すだけでも
      案外いけると思います。

      止め打ちは「慣れ」ですからね。

      後ろでイメージしながら観察するのもいいですよ(^^)v

  2. ぐむ より:

    参考になります。ありがとうございます。

スポンサードリンク

リンク集