正攻法で負けないパチンコ

にほんブログ村 パチンコブログへ

メルマガのご案内

目次

プロフィール

写真のりまる
はじめまして、のりまるです。 パチンコを取り巻く環境は年々厳しくなってきていますが、 大都市近郊某田舎でしぶとく生きのこっています。 負けないパチンコは簡単です。 負けないパチンコをしっかりとこなしていくと、 勝てるパチンコへと繋がっていきます。 ここから、何かしらヒントを掴んでもらえたら幸いです。 簡単なプロフィール動画です。

お問い合わせ

最近のコメント

コンテンツ

止め打ち動画集

アーカイブ

カテゴリー

最近の人気記事ランキング

メタ情報

パチンコは昔から伝わる文化(正村竹一氏の功績)

【パチンコは文化】

今時のパチンコ。

・液晶画面が大きく迫力のある演出
・様々な役物が飛び出し盛り上げる演出
・馴染みのある歌や音楽が流れる
・激しい光による演出

など等、、、

その変化には凄いものがありますφ(..;)

一昔前のパチンコは
正村ゲージの釘配列による「玉の動き」というものがメインでした。

この正村竹一氏の発明により生み出されたパチンコ。

この正村氏が、
・特許を取らずに他のメーカーが使うのを許した
ということが、
パチンコがここまで普及した要因だと言われております。

「日本の誇れる文化として残せるものにしたい」
という思いがあったそうです。

今のパチンコ台に
この正村氏の思いはあるのでしょうか???

・お客がより荒い台を求めるようになった
・お客がより新しい物を求めるようになった

という部分もあるでしょうが、
一部の利益を求める人間の影響で
現代のパチンコは、
パチンコのようでパチンコで無い別のものになっています。

今のパチンコ台は
5万円もあれば出来ると聞きます。

そこに
様々なお金が上乗せされてくるわけです((((゜д゜;))))上乗せ35万!
(パチンコ1台40万円)

メーカーが儲かるために。

長者番付けには未だに大手メーカーの社長陣がずらりと並びます。

あほみたいに新機種を開発して
あほみたいに新台入れ替えを行っているからです。

パチンコ遊戯人口は年々減っています。
無茶な戦略にお客側が付いていけなくなっているんですよね。

パチンコ業界の縁の下の力持ちである「お客さん」
そんなことを求めていないのに。

ただ、
遊びやすい(遊びやすかった)パチンコを打ちに来ているだけなんですよね。実際。

進化したものをいまさらどうこう言っても仕方のないことですが、
・パチンコは大きくなるべきものではなかった
という部分はあると思います。

今のパチンコ業界の人間が
この正村氏の思いをくみ取る日が来ることを心待ちにしております。m(__)m

#-----------------------------#
ぱちんこライターさんのご紹介ですφ(..)
#-----------------------------#
こちらの神保美佳(じんぼうみか)さんは
パチンコを文化ととらえ
その動きを本にまとめられておりますφ(..)

ref=sr_1_1
ぱちんこクロニクル 神保美佳
パチンコ年代記(クロニクル)

作者の神保美佳(じんぼうみか)さんによって

戦後ずっと大きな娯楽産業として存在し続けているパチンコ歴史を、
業界の動きを中心にバランスよくまとめた物になっています。

「サラッと読めるものをめざしました」。
と本人談。

パチンコが永く好まれてきた理由は
「屋内で一人チマチマ遊ぶところが国民性に合っているのかも」。

かく言うご本人も「一人で頭を空っぽにして楽しみたい」性分。
大学生の時に初めて打って魅力を知り、OL、業界誌記者を経て93年からライターに。人気機種「海物語」の「マリンちゃん」など各メーカーのオリジナルキャラクターが好きで、この本でも後半はその紹介にあてている。
 パチンコは、人気の台が登場→わかっちゃいるけどやめられない人たちが増加→法的規制、を繰り返してきた。そして、天下り、汚職など業界と規制する側との癒着がたびたび表面化するなどマイナスイメージを引きずる。さらに近年は投入額の高額化でファン離れが著しく、業界は当たりやすい台を増やすなど、手軽に安く遊べるキャンペーンを始めた。
 この流れに、神保さんはキャラクターの生かしどころを見ている。「冬のソナタ」「北斗の拳」など最近の台はタイアップばやりだが、これには契約料がかかる。「自前のキャラクターを使って台を安く作れれば、その分をお客さんに還元できるはずです」。

業界への提言には、銀玉文化への愛情がこめられている。
ref=sr_1_1
ぱちんこクロニクル 神保美佳
パチンコ年代記(クロニクル)

もうお一方、
#-----------------------#
パチンコ博物館館長の牧野哲也さん
#-----------------------#

こちらの博物館館長の牧野さんもパチンコを文化ととらえている一人です。

多数の貴重なパチンコ台を多数保有しており
自費で運営されておりますm(__)m
・パチンコ博物館
gaikan1gaikan2
◎所在地
〒289-2511
千葉県旭市イ4212-11

以前はパチンコメーカーが集結している東京・上野に構えておりましたが、
賃料の値上げにより撤退を余儀なくされたそうです(>_<) (パチンコメーカーが支援するという動きはなかったんですかね、、、?) お近くの方、 また旭、銚子方面にお出かけになる際には ぜひとも寄り道していただきたいと思います( ^^) _旦~~ 館長の素敵なお話も聞けるかもしれません(^^)v 館長談。 ■以前はパチプロで月に100万円とか稼ぐ人がいたが、最近のパチンコは儲かりにくいのでせいぜい月30万。割に合わないのでパチプロは減った。 ■パチプロは店と共存するために、不文律の礼儀を守っていた。「夕方、サラリーマンでごったがえす時間には帰る」「ある程度儲かったら自発的に打ち止める」「他所から来た流れ者のパチプロがいたら、交渉して、店を出て行ってもらう」等。最近はパチプロが減り、店と彼らの間にあった人情味がなくなって淋しい。 ■最近はパチンコ人口が減っている。それにもかかわらず、パチンコがお金のかかる遊び(30分1万円見当)になっているため、パチンコ業界の収入は以前と同程度。 ■最近流行のキャラクターもののパチスロは、ファンが打つので一定の客は見込めるが、そのキャラに興味のない人がやらないので、予想以上に儲かるということもない。しかも短期間で飽きられる。自分的には面白みがないと思う。 ■海物語みたいにオリジナルなものはある意味作る方もバクチ。しかし、オリジナルものがもっとあると面白いのだが。 ■版権もの、特にウルトラマンのような人気ものは、著作権がらみの金がかかり、大メーカーしか手を出せない。ということで、現在は中小メーカーにとっては厳しい時代。 企業は成長を続けるのが当たり前のもので、、、 それはパチンコ業界にも当てはまるかもしれません。 しかし、 【文化】 というものは昔から変わらないものであるはずです。 正村氏の功績によって 庶民の娯楽として定着した「パチンコ」

ぜひとも
本来の形を取り戻していただきたいものですねm(__)m

昔から変わることのない物が
【文化】ですから。

メルマガ始めました(^^)v
正攻法で負けないパチンコの考え方
メルマガでしか言えないお得な情報があるとかないとか、、、。
「登録・解除」ともに簡単操作です。
よろしくお願いしますm(__)m

質問がありましたらお気軽にどうぞ(^^)v
のりまるにメール
norikaru0304@gmail.com

ランキング参加中!
応援よろしくお願いしますm(__)m

パチンコ ブログランキングへ

Similar Posts:


カテゴリー:愚痴

タグ: | | |

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4件のコメントがあります。

  1. トリー隊長 より:

    コラム式の記事楽しく読ませて頂きました。

    また是非書いて下さいね。

    (^-^)/

    • のりまる のりまる より:

      トリーさん
      どうもm(_ _)m☆ミ

      自分なんかがパチンコを語ることそれ自体
      おこがましい部分ではあるんですがねε=┏( ・_・)┛

      まあ、
      全く影響力の無い個人ブログなので
      思っていることは書いていこうと思いますm(_ _)m☆ミ

  2. でっどらいん より:

    最近よく過去の記事読ませて頂いています。
    パチンコ=日本人の文化。

    涙がちょちょ切れそうでした。
    私も、どっちかというと、古い人間なんでのりまる氏のおっしゃる事はよくわかります。

    パチスロであれば、出目というのも共感できます。あれだけで、攻略本成り立っていましたから、凄かったですよね。
    あのリーチ目を感じた瞬間の脳汁は何にも代えがたいものでした。

    昔からパチンコは打ってはおりませんが、正村ゲージの話は小耳に挟んだことあります。

    • のりまる のりまる より:

      でっどらいんさん
      どうもm(_ _)m☆ミ

      勿論すべて昔が良いわけではないですが

      それでも変えてはいけないものってあるはずなんですよね。

      パチンコ業界が正しい方向?に向かうように
      祈っていきましょうm(_ _)m☆ミ

スポンサードリンク

リンク集